ドラマ・映画 アニメ 面白動画 モンロー(R18)

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.01.29 (Sun)

スタンフォード白熱教室 動画 「第1~最終回まとめ」 TV小僧

2523.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第1~最終回まとめ」 

ハーバード大学、マイケル・サンデル教授に引き続き、「白熱教室」海外版の第2弾は、アメリカ西海岸の名門・スタンフォード大学のエグゼクティブ・ディレクター、ティナ・シーリグさんによる特別講義を取り上げます。 世界に政治家、企業経営者を輩出してきた東海岸のハーバード大学に対して、シリコンバレーにあるスタンフォード大学は、IT、バイオなどチャレンジ精神にあふれた、数多くの起業家を送り出しているのが特徴です。

シーリグさんは、そうした冒険心に富んだ学生たちのカリスマ的な存在、アントンプレナー・センターで、起業家育成コースを担当しています。シーリグさんは、異質なことに挑戦する精神を語り続け、学生たちと白熱した議論を展開します。 ティナ・シーリグさんの起業家育成コースの集中講座を丸ごと収録、その講義は、震災からの復興を目指し、新たな価値観を模索する日本に強烈なエネルギーと刺激を与えるはずです。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.06.21 (Tue)

スタンフォード白熱教室 動画 「最終回 コーヒーの新しい飲み方を考える」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「最終回 コーヒーの新しい飲み方を考える」 11年06月20日放送分

「発想の転換を迫り、革新的な アイデアを生み出す手法」を学ぶスタンフォード大学起業家育成講座。その根底にあるのはテイナ・シーリグ先生の「創造性は誰でも学ぶことができる」という考え方です。 最終回、学生たちに与えられた課題は「コーヒーの新しい飲み方」を考えること。

これまでに学んできたブレインストーミング、チームでの作業の仕方、最高のアイデアを考えた後で最低のアイデアも考えてみること、前提を疑い、ルールを破って問題を捉え直すことなど、吸収したすべての思考ツールを駆使して課題に挑みます。 果たしてどんなアイデアが飛び出すでしょうか。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.06.13 (Mon)

スタンフォード白熱教室 動画 「第7回 あこがれの起業家に学ぶ」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第7回 あこがれの起業家に学ぶ」 11年06月12日放送分

実際の企業の中で、創造性はどう発揮されているのか。今回は、フェイスブックの若手リーダーやスマートフォンの原型を提案した起業家などビジネスの第一線で活躍している 4人のゲストを招き、クイズ形式でそれぞれの企業の創造性の秘密を探り出していきます。

採用面接で創造性をどう見抜くのか、創造性を高めるためのチームの編成方法、空間の使い方の工夫、アイデアを出すための時間は仕事の何パーセントか、アイデアを実行する決定権は誰にあるのかなどさまざまな設問を通して、学生たちはクリエイテイブな企業文化を創るには多様なアプローチがあることを学びます。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.06.12 (Sun)

スタンフォード白熱教室 動画 「第6回 トランプで創造性を学ぶ」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第6回 トランプで創造性を学ぶ」 11年06月05日放送分

新しいものを創り出す力は、新製品のデザインや開発段階だけのものではありません。 ビジネスのあらゆる場面で要求されます。 学生たちはトランプを使ったユニークなゲームで、どんな企業でも、どんな役割やレベルでも創造性を発揮する機会はあることを学び、何が起きるか予想できない状況の変化に対応して、クリエイテイブな解決策を模索していきます。

そのためには、自分がルールだと思い込んでいることから自分を解放することが創造的になれる第一歩であることを実感します。常識を覆す学生たちの鮮やかな発想をお楽しみに。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.06.02 (Thu)

スタンフォード白熱教室 動画 「第5回 30分で新製品を作る」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第5回 30分で新製品を作る」 11年05月29日放送分

どんなに優れたアイデアでも、それを効果的に伝えるためには、人をひきつけるストーリが必要であることを学ぶ。テーマは「地球の日」のためのグリーテイングカードつくり。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.05.24 (Tue)

スタンフォード白熱教室 動画 「第4回 6色の考える帽子」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第4回 6色の考える帽子」 11年05月22日放送分

個人の創造性を、チームの創造性へと展開するノウハウを学びます。 「小さな家族経営のお店が大型チェーン店と競合するには、どうしたらいいか」を題材に「6つの考える帽子」の練習を行います。

白い帽子をかぶった人は情報、赤い帽子をかぶった人は感情、黄色い帽子をかぶった人はメリット、黒い帽子をかぶった人はデメリット、緑色の帽子をかぶった人は斬新なアイデア、青い帽子をかぶった人は全体のまとめ、とそれぞれ考え方の役割を分担するやりかたです。学生たちは、これらの帽子をかぶった気になって思考モードを切り替えていきます。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.05.17 (Tue)

スタンフォード白熱教室 動画 「第3回 最悪の家族旅行を考える」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第3回 最悪の家族旅行を考える」 11年05月15日放送分

創造性とは何かを具体例から考えていきます。創造性の鍵は、常識や思い込みに挑戦することにあります。演習として出題されるのは、最悪の家族旅行を考えること。その最悪の家族旅行を改良し、最高の家族旅行に仕立て直すのです。

学生たちは、最悪とも言うべき極端なアイデアの中にこそ、常識を覆す創造の種が内包されていることを身を持って実感していきます。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.05.10 (Tue)

スタンフォード白熱教室 動画 「第2回 名札をめぐる冒険」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第2回 名札をめぐる冒険」 11年05月08日放送分

思考の枠組みを再設定する訓練を行います。まず、身の回りのあらゆるもので、ここが不便だ、ここがこうなったらいいのにという改善の余地があるものを挙げ、それをどうすれば実現出来るかを考えてみます。その演習として、「名札」の改善を行います。「名札」をもっと良く出来ないか?学生たちが、新しい形の名札を考えてみます

。一歩進んで、名札はそもそも何のためにあるか。要するに自己紹介ツールです。となると、別に名札は札とクリップである必要はなくて、全く別のデバイスで置き換えられるのでは? 斬新なアイデアが飛び出します。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.05.02 (Mon)

スタンフォード白熱教室 動画 「第1回 ブレーンストーミングで可能性を探れ!」 TV小僧

stanford.gif
スタンフォード白熱教室 動画 「第1回 ブレーンストーミングで可能性を探れ!」 11年05月01日放送分

常識的な考え方を乗り越えるためのブレーンストーミングのやり方を学びます。 ブレーンストーミングには絶対的なルールがあります。決して「それはダメだ」と言わないことです。

キーワードは、「付け加えさせて」。誰かのアイデアを否定することなく、それに付け加えていくことで、ブレーンストーミングは思わぬ化学反応を起こし、斬新なアイデアが飛び出してきます。そして、日常そういうマインドでいるためにはどのようにすればよいかを考えていきます。  (引用元)


 |  スタンフォード白熱教室  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。