ドラマ・映画 アニメ 面白動画 モンロー(R18)

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.12.31 (Mon)

FNSドキュメンタリー大賞 動画 「こころのおと あすかのおしゃべりピアノ」 TV小僧

121219-462_01.jpg
FNSドキュメンタリー大賞 動画 「こころのおと あすかのおしゃべりピアノ」 12年12月30日放送分

宮崎市の野田あすかさんは、自身の気持ちをうまく表現できない先天的な脳の障害を持っている。ストレスからパニックを起こすこともある彼女だが、幼少期から続けてきたピアノが心の支えとなっており、国際コンクールで入賞したこともある。番組ではソロリサイタルの開催を決意した彼女に密着、成長していく姿を伝える。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.12.01 (Sat)

ファミリーヒストリー 動画 「具志堅用高 沖縄の魂・心穏やかなチャンピオン」 TV小僧

gushiken.jpg
ファミリーヒストリー 動画 「具志堅用高 沖縄の魂・心穏やかなチャンピオン」 12年11月23日放送分

世界戦13回防衛の天才ボクサー具志堅用高、誕生の物語。具志堅家は琉球王国の元士族。明治になり、王国が消滅すると、一族の流転が始まった。家を奪われ、たどり着いたのは未開の地。再起をかける日々が始まると、待ち受けていたのは数々の試練。

imgres_20121201092055.jpg

神の島の悲劇、沖縄戦、自宅の焼失。そんな中で育った用高は、両親の反対を押し切ってボクシングの道に進む。そして、タイトルマッチに隠された驚きの真実が、初めて明かされる。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.11.05 (Mon)

ザ・ノンフィクション 動画 「美の宴の果て~昭和のミスコン女王たちは今」 TV小僧

oodd.gif
ザ・ノンフィクション 動画 「美の宴の果て~昭和のミスコン女王たちは今」 12年10月21日放送分

福岡市に住む茂田美和さんは、かつてミス恋の浦コンテストで優勝したが、その後離婚し、現在は求職活動を行なっている。 茂田美和さんのこれまでの男性遍歴を紹介。茂田美和さんは長女を出産したものの、相手が働かないため離婚して、シングルマザーとして娘を育てている。

茂田美和さんが就職の面接に出かけたが、また決まらなかった。茂田美和さんは母親と娘との3人ぐらしだが、無収入のため母親の年金に頼って暮らしている。茂田美和さんがダイエットを決心し、女性専用フィットネスクラブのconfitに通った。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.11.03 (Sat)

ファミリーヒストリー 動画 「浅野忠信~祖父はなぜ、アメリカに帰ったのか」 TV小僧

Photo by shuntaromochizuki • Instagram-170247
ファミリーヒストリー 動画 「浅野忠信~祖父はなぜ、アメリカに帰ったのか」 12年10月29日放送分

ファミリーヒストリー「アンコール 浅野忠信~祖父はなぜ、アメリカに帰ったのか」 昨年の夏に反響を呼んだ番組をアンコール放送。浅野忠信には、会ったことがないアメリカ人の祖父がいた。終戦後、進駐軍兵士として日本に来た。しかし、朝鮮戦争後、祖父は家族を置いてアメリカに帰国してしまった。その理由が取材で明らかになる。

さらに、19世紀後半にまでさかのぼる祖父のルーツが判明。ヨーロッパとの関わりも分かった。番組の最後、驚きの展開になる。浅野は真実にふるえ、涙が止まらなかった。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.09.12 (Wed)

スポーツ・ドキュメンタリー 動画 「デイビッド・ベッカム~新しい挑戦」 TV小僧

t432w.jpg
スポーツ・ドキュメンタリー 動画 「デイビッド・ベッカム~新しい挑戦」 12年07月16日放送分

スーパースターとして世界で活躍してきたサッカー選手、デイビッド・ベッカムが、これまでのプロ人生で、とりわけ苦しかったシーズンや、新たな挑戦と捉えたアメリカへの移籍について語る。2007年、ベッカムはイングランド代表、さらには所属のレアル・マドリードでも出場機会を奪われた。そんな苦境の中で、何を考え、どう立ち向かっていったのか。葛藤の年月を、独占インタビューと試合映像で振り返る。2007年制作。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2012.09.06 (Thu)

BSアーカイブス 動画 「運命の一手 渡辺竜王 VS 人工知能・ボナンザ」 TV小僧

3354_large.jpg
BSアーカイブス 動画 「運命の一手 渡辺竜王 VS 人工知能・ボナンザ」 12年07月14日放送分

日本将棋連盟が禁止してきたコンピューターソフトとプロ棋士の公開対局が、2007年3月21日、ついに実現した。対戦するのは将棋界最高のタイトル「竜王」を持つ渡辺明。そして「第16回世界コンピューター将棋選手権」の優勝プログラム“ボナンザ”。番組は渡辺竜王とボナンザの対局を軸に、対局前後の棋士とプログラマー双方を取材。一手一手に込められた棋士のプライドとプログラマーたちの意地を描く。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.12.29 (Thu)

巨匠たちの“青の時代” 動画 「ココ・シャネル」 TV小僧

ge_20111229223702.jpg
巨匠たちの“青の時代” 動画 「ココ・シャネル」 11年12月20日放送分

 一時代を築いた巨匠たちの無名の時代=“青の時代”にスポットを当て、彼らの挫折や苦悩を見つめながら、いかにして羽ばたいたのか、それぞれの飛躍の瞬間を探り出す知的ミステリーです。

 ファッションの変革者、ココ・シャネル。男性下着の布地をしなやかなジャケットに仕立て、喪服の黒をドレスに取り入れるなど、常識を覆すファションを次々と世に送り出し、世界的な名声を得ました。しかし、彼女ははじめから偉大な「ココ・シャネル」だったわけではありません。孤児院暮らしや、歌手をめざした10代、上流社会での愛人生活など、自由を求めて苦闘した日々が、シャネルの大きな飛躍を生み出しました。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.10.18 (Tue)

”執念” 小澤征爾76歳の闘い 動画 TV小僧

ozawa1s.jpg
”執念” 小澤征爾76歳の闘い 動画 11年10月10日放送分

2010年、がんの手術を受けた指揮者・小澤征爾76歳。死と向き合い、昨夏から、思い通りにならない体を奮い立たせ、復活にかけて懸命な姿を1年以上にわたって世界各地で密着しました。今夏、再起をかけオペラの大舞台に挑みます。体力の限界と闘い、命がけで舞台に向かう小澤の「執念」を追いました。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.06.07 (Tue)

ETV特集 動画 「暗黒のかなたの光明  文明学者 梅棹忠夫がみた未来」 TV小僧

gfgqw.gif
ETV特集 動画 「暗黒のかなたの光明  文明学者 梅棹忠夫がみた未来」 11年06月05日放送分

大阪に国立民族学博物館を創設、日本の民族学研究の礎を築き、比較文明学者として数々の業績をなした梅棹忠夫(うめさお ただお)が、昨年7月、90歳で亡くなった。梅棹は、大阪と生地京都を根拠地とし、世界中で学術探検を重ね、その知見をもとに戦後の日本社会に大きな影響を与えつづけた「知の巨人」だった。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2011.05.23 (Mon)

ETV特集 動画 「カズオ・イシグロをさがして」 TV小僧

faa.gif
ETV特集 動画 「カズオ・イシグロをさがして」 11年05月22日放送分

カズオ・イシグロ(石黒一雄)。五六歳。長崎に生まれ、日本の血筋を持った彼は、現代イギリスを代表する作家である。これまでもイギリス文学最高賞であるブッカー賞を獲得するなど、ノーベル文学賞に最も近い存在のひとりとも言われる。

lalal.jpg

時代や価値観の変化の中で翻弄される人々を描いた初期作品からクローンや臓器移植を扱った近作まで、内なるイマジネーションと緻密な取材で多様なストーリーを紡ぎ出すが、底流するテーマは一貫している。記憶と命のはかなさ、そして尊さ・・・・・・。世界40か国で翻訳され、日本では全作品が邦訳されており、読者層も分厚い。  (引用元)


 |  偉人・伝説系ドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。