ドラマ・映画 アニメ 面白動画 モンロー(R18)



--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2013.02.03 (Sun)

NHKスペシャル 動画 「阪神・淡路大震災18年 大都市被災 その時日本は」 TV小僧

thum_01_20130203080742.jpg
NHKスペシャル 動画 「阪神・淡路大震災18年 大都市被災 その時日本は」 13年01月17日放送分

南海トラフの巨大地震で、大阪や名古屋などの大都市が同時多発的に被災した時、何が起きるのか・・・シミュレーションでは、最悪の場合、避難所に押し寄せる人の数が500万人に上り、わずかな期間で、ペットボトルの水が日本全国でなくなる。多数の火力発電所が津波に見舞われることから、電力不足が発生。交通網も寸断され、マヒした都市機能の復旧はなかなか進まない。通信インフラは寸断され、金融機関にも影響が及びかねない・・・ こうした都市機能のマヒを防ぐため、各分野の専門家たちが集まり、南海トラフの巨大地震による被害を想定しようとする研究プロジェクトが始まっている。彼らが参考にするのが、18年前の阪神・淡路大震災だ。

img_01_20130203080741.jpg

神戸では人口密集地が被災したことから、避難所に入りきれない人たちが公園や空き地などの「テント村」で雨露をしのいだ。生きてゆくための物資は枯渇し、“奪い合い”がおきる寸前の状態に陥っていた。電力や水道のシステムは互いに依存し合っていたため、停電や断水が複合的に拡大した。そして、地方銀行の本店やホストコンピュータが被災し、金融の流れが滞るという非常事態が発生した。 いま、流通企業や金融機関では、南海トラフによる想像を絶する規模の被害が、都市機能マヒに至るのを防ぐため、「阪神・淡路」の教訓をもとに対策を進めようとしている。番組では、被害シミュレーションをCGで描き出すとともに、生活物資、通信ネットワーク、ライフラインで進められている対策を取材、減災への道筋を探る。  (引用元)








NHKスペシャル 動画 「阪神・淡路大震災18年 大都市被災 その時日本は」 13年01月17日放送分











>>youku動画に制限が!? フレンド登録の申請方法



関連記事



テーマ : お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : NHKスペシャル 動画 阪神淡路大震災 18年 大都市被災 その時 日本

 |  NHKスペシャル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://veohdownload.blog37.fc2.com/tb.php/16294-0c0c38a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。