ドラマ・映画 アニメ 面白動画 モンロー(R18)



--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

2013.06.18 (Tue)

BS世界のドキュメンタリー 動画 「オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第9回 “唯一の超大国”アメリカ」 TV小僧

bsw.gif

シリーズ第9回目は「“唯一の超大国”アメリカ」。レーガンの後を継いだのが、副大統領のジョージ・H.W.・ブッシュ。彼の4年間には、東欧社会主義圏で体制転換が起き、ベルリンの壁も崩壊。やがてソビエト連邦が解体して冷戦が終結する“激動の時代”だった。湾岸戦争も天安門事件も起きた。 この激変の時期にあって、アメリカは、世界との関係を再構築できるチャンスと捉え、寛容な外交姿勢に転じることはできなかったのか・・・。オリバー・ストーン監督ら制作者たちは鋭く問いかける。そして、湾岸戦争で勝利したブッシュが再選を阻まれ、民主党のクリントンが登場した時にもそのチャンスは訪れる。

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第9回 “唯一の超大国”アメリカ|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1

しかし、クリントンは保守派の圧力を受け、結局のところ軍事増強を推し進めることになった。「この時代、差し迫った脅威がアメリカには少なかったにも関わらず、共和党に輪をかけてクリントンは軍事支出を増やしてしまった」とストーン監督は指摘する。 1990年代は、“アメリカの一人勝ち”と言われた時代で、経済のグローバル化が進み、その蓄積された富もまたアメリカに向かった。“唯一の超大国”のアメリカは従来の外交姿勢を崩さず、結果的に「資本主義の正当性」を強調するだけであった。  (引用元)








動画サイトで直接視聴 >> BS世界のドキュメンタリー


>> この動画が観られない場合の対処法はこちら










関連記事



テーマ : 情報番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

 |  BS世界のドキュメンタリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑  |  このエントリーをつぶやく

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://veohdownload.blog37.fc2.com/tb.php/17372-cea01ecf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。